PerceivE

映画・本の感想とかメモとか考察とか

book

キャビアを食べたことはない<輝く断片>

奇想コレクションの「輝く断片」を読みました。 輝く断片 (奇想コレクション)作者: シオドア・スタージョン,大森望出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2005/06/11メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (129件) を見る 「不思議…

自問自答のテンプレ<[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ>

スタージョン・奇想コレクションの「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」を読みました。 [ウィジェット]と[ワジェット]とボフ (奇想コレクション)作者: シオドアスタージョン,若島正,Theodore Sturgeon出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2007/…

便宜的な記憶<パン屋再襲撃>

私は村上春樹をよく知らない。 そういう人間が書いた文章だと思って読んでほしい。 今回読んだのは「パン屋再襲撃」。 新装版 パン屋再襲撃 (文春文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/03/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 4回この…

さようならを告げる物語<歌おう、感電するほどの喜びを!>

たまたま手にとった本が "アタリ" だったときの喜びったらこれ以上のものはない。 レイ・ブラッドベリの「歌おう、感電するほどの喜びを!」を読みました。 歌おう、感電するほどの喜びを!〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-8)作者: レイ・ブラッドベリ,伊藤…

種々雑多<蒸気駆動の少年>

蒸気駆動の少年を読みました。 蒸気駆動の少年 (奇想コレクション)作者: ジョン・スラデック,柳下毅一郎出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/02/19メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 48回この商品を含むブログ (49件) を見る 比較的短めの短編が多…

夏のSF<逆光の夏>

猛暑が続く毎日、夏っぽいSFを読みました。 ジョン・ヴァーリイ「逆光の夏」 逆行の夏──ジョン・ヴァーリイ傑作選 (ハヤカワ文庫SF)作者: ジョンヴァーリイ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/09/09メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る…

"良いストーリー"とはなにか<紙の動物園について思ったこと>

ケン・リュウの「紙の動物園」読みました。 という感想を書くつもりが、短編1つについてとりあげた考察みたいな文章を書いてしまった。 紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)作者: ケンリュウ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/05/29メディア: Kind…

踏み台としての狂気<さあ、気ちがいになりなさい>

「さあ、気ちがいになりなさい」というインパクト抜群の本を読みました。 さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)作者: フレドリックブラウン,Fredric Brown,星新一出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2016/10/21メディア: 新書この商品を含むブログ (4…

インドとSF<サイバラバード・デイズ>

サイバラバード・デイズを読みました。近未来インドを描いた中編の連作。 サイバラバード・デイズ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)作者: イアンマクドナルド,Ian McDonald,下楠昌哉,中村仁美出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2012/04/01メディア: 単行本 クリ…

ボーイミーツガールは少女によって成立する<たんぽぽ娘>

日本人の好きなSFが欧米のそれとは全く異なる、という話がSF小説の解説・あとがきではよくされている印象がある。 そこでいつも挙げられるのが「夏への扉」、そして「たんぽぽ娘」。 共通する要素。そう、日本人はロマンティックなSF大好きですよ!と言いた…

理想に過ぎないと知りながら、理想郷を思い描く<ヴィーナス・プラスX>

シオドア・スタージョンのヴィーナス・プラスXを読みました。 ヴィーナス・プラスX (未来の文学)作者: シオドアスタージョン,Theodore Sturgeon,大久保譲出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2005/05メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 10回この商品を含む…

活字を駆使した物語<死の鳥>

読んだ本感想。 ハーラン・エリスンの「死の鳥」を読みました。 死の鳥 (ハヤカワ文庫SF)作者: ハーラン・エリスン,伊藤典夫出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2016/08/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (13件) を見る タイトルと表紙でどれを読むか決…

読んだ本<あまたの星、宝冠のごとく>

定期的にインプットが不足してる気がして、そのたびに模索する。 今回は本を読みたくなって図書館へ。 選んだのは分厚くてインパクトのあるタイトル、あまたの星、宝冠のごとく。 あまたの星、宝冠のごとく (ハヤカワ文庫SF)作者: ジェイムズ・ティプトリー…

本読んだメモ<海を失った男>

唐突に本が読みたくなったので以前途中まで読んでそれっきりだったスタージョンを読みました。 海を失った男 (河出文庫) 作者: シオドアスタージョン,若島正,Theodore Sturgeon 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2008/04/04 メディア: 文庫 購入: 7人 …